浮気調査は自分でも可能?浮気・不倫の兆候7選&行動すべきこと

浮気調査は自分でも可能?浮気・不倫の兆候7選&行動すべきこと

浮気調査について

浮気・不倫の兆候は?自分で掴める浮気の証拠

 

浮気の証拠

 

パートナーの浮気や不倫が発覚する要因は「浮気相手と一緒にいるところを目撃した」「友人から浮気をしていると教えてもらった」など様々ありますが、日々の生活など身近な場面でも、浮気を疑う変化や兆候が隠れているかもしれません。

今回は、浮気・不倫の兆候を7選にまとめて、さらに浮気を疑ったらすべきこと、自分で掴める浮気の証拠、調査方法、注意点などをお伝えします。

浮気・不倫の兆候7選

浮気・不倫の兆候とはどのようなものなのでしょうか。代表的な具体例は以下の通りです。

 

  1. 急に態度が変わった
  2. 見た目を気にするようになった
  3. スマホを見る頻度が多くなった
  4. 帰宅時間が遅くなった・出張が増えた
  5. 匂いをよく確認するようになった
  6. 予定を細かく確認するようになった
  7. 何をしていたか?と聞いてもごまかされる

1.急に態度が変わった

浮気をすると、今まではしてくれない家事をするようになった、会社帰りにケーキなどを買って来るようになった、妙に気を遣ってくれるなど、急に態度が変わることがあります。

心を入れ替えて徐々に優しくなったという変化なら良いのですが、いきなり態度が変わった場合は、浮気や不倫をしている罪悪感や後ろめたさが原因の変化である可能性が高いと言えます。

 

▼怪しい行動

  • 今まではしなかった家事をしてくれるようになった
  • 褒めることが多くなった
  • 欲しいものはないか?と頻繁に聞かれるようになった
  • 手伝えることがないか?など積極的に聞いてくるようになった

 

2.見た目を気にするようになった

浮気・不倫相手に良く見られたい気持ちが強いので、浮気相手の好みに合わせて服装や化粧を変えるなど、いつも以上に見た目を気にするケースもあります。

何の前振りもなく、筋トレやダイエットを始めた場合は、理由をさり気なく聞いてみて、相手の反応を伺ってみましょう。

 

▼怪しい行動

  • 普段は選ばないブランドの服を着るようになった
  • 香水や化粧品が変わった
  • 急に筋トレやダイエットを始めた
  • 今まではしなかったヘアスタイルにした

 

3.スマホを見る頻度が多くなった

スマホを見る頻度があまり多くなかったパートナーが、突然、肌身離さずスマホを持つようになり、画面を見る頻度が多くなったら浮気を疑いましょう。

スマホを常に持ち歩くことで、隙を見て浮気相手と連絡を取り合っている可能性があります。スマホでの連絡手段はLINEが一般的ですが、SNSのDMや出会い系アプリなどを利用する人も増えています。

 

▼怪しい行動

  • 連絡の内容をわざわざ違う部屋や外で確認する
  • 隠れるように電話をする
  • LINEなどの通知がロック画面に表示されないように設定されている
  • トイレやお風呂にもスマホを持ち込むようになった

 

4.帰宅時間が遅くなった・出張が増えた

帰宅時間が遅くなり、家にいない時間が増えている=浮気・不倫ができる時間が増えていると考えることもできます。

もちろん、繁忙期で仕事が忙しいなど、浮気以外の理由も大いに考えられますが、「友人と遊ぶ」「残業をする」「出張へ行く」などの理由は浮気をごまかす際の常套手段なので、注意するに越したことはありません。

 

▼怪しい行動

  • 当日までに帰ってこないことが増えた
  • 会う人の名前、人数、場所を明確に言わない
  • 決まった曜日に遅くなることが多い
  • 急な出張や休日出勤が増えた

 

5.匂いをよく確認するようになった

浮気・不倫がバレないように気を付けなければならないのが匂いです。

浮気・不倫をしている本人が一番注意する部分なので、自身の匂いを確認するような素振りを見せるようになったら、浮気の可能性を疑いましょう。

 

▼怪しい行動

  • 自分の匂いを確認する行動が増えた
  • 消臭剤を衣類や小物などにかける頻度が多くなった(持ち歩くようになった)
  • ちょっとした匂いに気づくなど、匂いに敏感になっている
  • 「タバコ臭い?」など、匂いについて確かめるようになった

 

6.予定を細かく確認するようになった

浮気をしている人は、パートナーの帰宅時間や行き先など詳細な予定を確認する行動も見られます。

予定が被らないようにするため、浮気相手とのデート現場を目撃されないため等、理由は様々ですが、特にバレンタインやクリスマスのようなカップルイベント周辺の時期に、細かく確認してきた場合は、浮気・不倫を疑いましょう。

 

▼怪しい行動

  • 予定を何回も確認される
  • いつ、どこに、何時まで外出するか?など細かく聞かれるようになった
  • バレンタインやクリスマスなどのイベント前後に確認することが多い

 

7.何をしていたか?と聞いてもごまかされる

パートナーの予定は細かく聞くのに、自分の予定の詳細については話そうとしないことも浮気・不倫の兆候の一つです。

具体的に何をしていたか?を話さないのは、思わず口が滑ってしまわないように気を付けているのでしょう。また、嘘が苦手な人は辻褄が合わなくなることを避けるために、曖昧な返事しかしないことが多いです。

 

▼怪しい行動

  • 何をしていたか?と聞いても明確な答えが返ってこない
  • 遊んでいるときの写真を送ってと言っても断られる
  • レシートなど、外出した時の形跡が残っていない

 

浮気・不倫の兆候に幾つか当てはまった場合、最初にどのような行動をすれば良いのでしょうか。

ここからは、浮気を疑ったら最初にしたいことを紹介します。

浮気を疑ったら最初にすべきこと

浮気を疑ったら、浮気の明確な証拠を掴み、浮気をしているかどうかの確信をもつことが大切です。

夫婦の場合は、たとえ離婚の結論を出していない状況でも、相手の出方によって左右されることもあるので、離婚の可能性も視野に入れて、最終的に裁判で認められる浮気の証拠を掴むことが重要です。

また、離婚を選択しなくても、確固たる証拠があれば、法的に慰謝料を請求することができます。

浮気の慰謝料の相場やポイントについては以下の記事で紹介しているので、参考にしてください。

 

浮気の慰謝料の相場とポイント

浮気の慰謝料の相場とポイント

浮気の慰謝料の相場     先に結論をお伝えしますと、浮気の…
ace-tantei.net

 

逆に、明確な証拠を掴む前に感情的に相手を責めたり、浮気を疑っていることを打ち明けたりする行為はおすすめできません。関係性が悪化するだけでなく、相手が不信感を持ち、浮気の証拠集めが難しくなる可能性があります。

また、浮気調査は探偵・興信所に依頼するイメージが強いでしょうが、ある程度の証拠なら自分でも掴むことができます。

自分でも掴める浮気の証拠とは

自分でも掴める浮気の証拠の一例は以下です。

 

▼自分でも掴める浮気の証拠(一例)

  • クレジットカードの利用履歴
  • ラブホテルを利用したことがわかるレシート
  • 避妊具などを購入したことがわかるレシート
  • 浮気相手との写真、メッセージなどのやりとり
  • 相手の行動履歴や行動範囲の把握

 

特に、浮気相手との肉体関係を示唆できるものは、裁判でも有効な証拠として認められます。一方で、クレジットカードの明細などを見て「こんな高価な洋服、私はもらっていない!」と思っても、それだけでは浮気の証拠とは認められません。

続いて、これらの証拠を集めるための方法と注意点を紹介します。

自分で浮気の証拠を集める方法5選と注意点

自分で浮気調査の証拠を集める方法5選と注意点を紹介します。

 

  1. 財布を確認する
  2. SNSを活用する
  3. 相手のスマホやPCを確認する
  4. GPS機能があるアプリや機器を利用する
  5. 家や車にICレコーダーを仕掛ける

1.財布を確認する

財布の中は「普段は行かない場所の駐車場の利用履歴が分かるレシート」や「ラブホテルのポイントカード」など、様々な浮気の証拠が見つかる可能性が高い場所です。

証拠となるレシートやカードを見つけた場合は、忘れずに写真を撮っておきましょう。

パートナーがレシートを受け取らずに捨ててしまう人の場合は「家計簿をつけたいからレシートを渡してほしい」などと伝え、レシートを確認する習慣をつけると、浮気の発見や防止につながります。

 

《注意点》

普段は行かないようなエリア(浮気相手の自宅付近など)のレシートを見つけた時に、勝手に捨ててしまったり、回収してしまうと、相手に財布を見たことがバレてしまうリスクがあります。

財布の中を確認したことがバレないように、中身を元通りの状態に戻すことが大切です。

2.SNSを活用する

SNSのやりとりや投稿が浮気の証拠になるケースもあります。具体的には、浮気相手の顔が写っている写真や肉体関係を示唆するような写真が浮気の証拠として認められます。

 

《注意点》

許可なく相手のアカウントにログインするなどの行為は「不正アクセス禁止法」に違反するので注意が必要です。SNSを利用して情報を探す場合には、自分のアカウントを利用するようにしましょう。

 

3.相手のスマホやPCを確認する

相手のスマホやPCからは「通話履歴」「閲覧履歴」「メールや連絡の履歴」「写真」「出会い系アプリの有無」など、浮気調査に有効な情報をたくさん入手できます。

しかし、スマホを肌身離さず持っている場合は、隙を見て情報を入手する必要があり、難易度が高い調査方法だと言えます。

 

《注意点》

相手の許可なくスマホやPCを見る行為は「プライバシーの侵害」に該当するので、バレないように実行し、中身を確認した痕跡を残さないように(また、そのことを相手に伝えないように)細心の注意を払いましょう。

 

4.GPS機能があるアプリや機器を利用する

リアルタイムに相手の居場所が分かるGPS機能を備えたアプリや機器を利用することで、相手が今どこにいるのか?や行動範囲が分かります。

浮気調査でよく行われる「尾行」よりも手軽に実行できるので、自分でも調査を進めやすいでしょう。

レンタルGPSやGPS機能があるアプリについて紹介している記事も参考にしてください。

浮気調査にGPSを!おすすめ12選の特徴・料金・注意点

浮気調査にGPSを!おすすめ12選の特徴・料金・注意点

GPSは浮気調査に有効?おすすめ12選を一挙紹介!     …
ace-tantei.net

 

《注意点》

相手の同意なくGPS機能があるアプリをインストールしたり、相手の持ち物にGPS機器を取り付けたりする行為は「不正指令電磁的記録供用罪」や「ストーカー規制法違反」に当たります。

近日、GPS機能を利用した行為をさらに厳しく規制する「改正ストーカー規制法」が成立しました。具体的な内容は以下の通りです。

 

衛星利用測位システム(GPS)機器や居場所が分かるスマートフォンアプリの悪用を禁じた改正ストーカー規制法が18日、衆院本会議で可決、成立した。デジタル機器やインターネットを使い巧妙化する手口の摘発が強化される。改正は3回目で、8月にも全面施行の見通し。
警察庁によると、GPS機器は、相手の承諾なく車や持ち物へ取り付けるだけで違反となる。位置情報の取得は、居場所が分かるスマホのアプリも対象にした。
出典:共同通信社 2021年5月18日付「改正ストーカー規制法が成立 GPS機器、アプリの悪用禁止」

 

GPS機能を利用した調査では決定的な証拠を掴みやすいですが、違反行為で掴んだ証拠は、法的な証拠として認められないだけではなく、逮捕などのリスクもあることを忘れないようにしましょう。

 

5.家や車にICレコーダーを仕掛ける

ICレコーダーを仕掛けておくと、浮気相手と電話している内容の確認や、浮気相手を家に呼んでいる声を録音できる可能性があります

特に「浮気相手の名前」「浮気相手と会う日時」などを把握できた場合、明確な浮気の証拠に大きく近づけるので、ICレコーダーは有効な手段だと言えます。

 

《注意点》

相手と別居している場合の家や、相手しか利用していない車にICレコーダーを仕掛ける行為は「プライバシーの侵害」になるので注意しましょう。同居している家、共有で利用している車に設置し、もちろんバレないことも大切です。

 

自分で浮気調査を進めていく中で「自分で調査をする際に法律違反になりそうで不安」「合法的に調査したい」という方は、探偵事務所に依頼することがおすすめです。

しかし、インターネット上で確認するだけでも、探偵事務所は全国に数多く存在し、信頼できる業者は自分で見分けなければなりません。以下の記事で、信頼できる探偵事務所を見分けるポイントなどを紹介しているので、参考にしてください。

極端に安い探偵は注意が必要?見るべきポイントと適正価格

浮気調査の料金が安すぎたら要注意!ポイントと適正価格    …
ace-tantei.net

 

まとめ

  • 浮気の兆候に当てはまるものはないか?を確認する
  • 浮気を疑ったら明確な証拠を掴むことが大切
  • 明確な証拠を掴む前に、感情的になって相手を責めたり、疑っている旨は伝えない
  • 自分でも掴める浮気の証拠はある
  • 特に肉体関係を示唆する証拠は有効
  • 浮気の証拠を集める方法としては「財布を確認する」「SNSを活用する」「GPS機能があるアプリや機器を利用する」等がある
  • 合法的かつ確実に浮気調査を進めたい場合は探偵事務所に相談する方法がおすすめ